話はそれからだ。

ツイッターだけじゃ文字数足りないときのためのブログ。主に自分まとめ用。

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

法務省へのメール第二段 

2010/11/27
Sat. 23:45

※血管拡張剤投与後の弁護団の面会での小林さんの様子を知ってからのメールですので、前回よりも理性が欠けてます。2010年11月27日現在の小林さんの状況は、小林さんの命を守るネットユーザーの会の、こちらのページにまとめられています。

【タイトル】静岡刑務所に収監されている小林さんの処遇について
【メッセージ】強皮症という難病で指が動かせないのに痴漢で有罪となり、現在静岡刑務所に服役中の小林卓之さんの処遇についてです。
いま、弁護団からの報告で、彼が刑務所に入ってからたった1ヶ月で11キロも痩せたことや、お湯でしばらくあたためないと指が動かせないからお湯をくださいと言ったら医務官とおぼしき方が「刑務所でお湯は使えない」と言われたことなどを伺いました。さらに「冬はもっと痛いぞ」などと声をかけられたと。
なんですか、これは?血管拡張剤の投与を許されたと聞きましたが、これは彼の命を繋ぐための必要最低限の措置です。まだこんなひどい扱いを受けているなんて、いくら獄中とはいえ信じられないし、また許されないことであると感じます。日本はこんなひどい国だったのですか。刑務所の職員に人間はいないのですか。いちばん近いところで小林さんのことを見ていて、つらそうなのはわかっていて、どうして難病患者を11キロも痩せさせることができたのですか。もう一度言います、信じられません。これ以上の処遇改善が無理ならば、すみやかに小林さんを医療刑務所へ、または釈放を強く要求します。
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://alzirr.blog137.fc2.com/tb.php/9-121c5406
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-09

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。